第4回 9.21世界平和の祈り

平和と慰霊、そして、平和の願いを。
毎年9月21日に開催される高校生による揮毫が本社下拝殿にて行われました。

今年も誠之館高校書道部の皆さんによる【和を以て貴しとなす】【誠】来年の干支である【丑】の
三点が護国神社に奉納されました。

令和3年のお正月より下拝殿及び、本殿横に常時展示いたしますので、
ご機会あればご覧になられてください。

詳細は以下より
http://www.tatsu.ne.jp/wa/gokoku/

安産祈願後のお宮参りについて

安産祈願に当神社をお参りくださいましてありがとうございます。
9月の戌の日は4日(金)・16日(水)・28日(月)になっております。
ご祈祷の際は事前にご連絡いただければスムーズにご案内できますので、
お気軽にお問い合わせください。

また、当社にてお宮参りも受け付けております。お気軽にお問合せください。

【3月度 祭事案内】

当社から3月度の祭事を案内いたします。

3月5日(木)月例祭
3月22日(日)硫黄島慰霊祭(中止)

御祈祷は毎日受け付けております。

 

令和最初のお焚き上げです

備後護国神社では本日、お正月に皆様からお預かりした縁起物の焚きあげを行いました。皆様の願いが天に帰る姿を最後まで見届けたことをご報告致します。

焚き上げはシトシトと雨が降る湿度の高い日に行います。毎年この時期は何故かこのような雨に恵まれ、今年の正月がやっと終わったとホッとした気持ちで筆を進めております。

なぜ雨が降る中で焚きあげを行ったか気になる方もいらっしゃるでしょう。

理由は簡単です。火事が怖いからです。縁起物のダルマなどは弾けて近くの木々にぶつかることもありますので、消防署に連絡の後、最新の注意を払いながら行っております。

特に信仰上の理由はございません。日本の神様はとても寛大なのです。来年も当護国神社をよろしくお願いいたします。

 

正月をお迎えする準備が整いました

2019年も残すところあと僅かとなりました。

皆様年末の折いかがお過ごしでしょうか?
私たち備後護国神社でも、慌ただしく正月準備に追われておりましたが、
本日ある程度めどがつき、ほっと一安心しております。

当社の下拝殿には、先日誠之館高校書道部による揮毫をお飾りしております。
ぜひともご覧になさってください。
当日の動画を以下にアップしております。

階段を上った本殿にも今年の干支の作品をお飾りしておりますので探してみてください。

来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。皆様、良いお年をお過ごしください。

ご英霊をお招きする準備が整いました

本日、福山市遺族会ならびに備後護国神社護持会のメンバーで
みたま祭用の提灯を下拝殿前に設置いたしました。

今週27日(土)16:00-
みたま祭夜まつりが開催されます。

様々なアトラクションが出店いたしますので、
ぜひ遊びにこられてください。

提灯の点灯は8月8日までを予定しております。

告知【7月27日 みたま祭夜まつり開催】

7月27日(土)
備後護国神社前広場にてみたま祭の夜まつりが開催されます。

みたま祭とは、毎年8月4日に先の大戦や、1945年福山大空襲で亡くなられた方の慰霊祭として
古くから備後護国神社が御霊をお祀りしておりました。

しかしながら、戦後70年たち、戦争のことを知る世代が少なくなり、
みたま祭の存続意義を問われることが多くなってきたという現実がございます。
そこで、4年前から福山市遺族会主催にて周知するため、屋台やイベントを招致し、
みなさんに楽しんで頂きたいという想いで【みたま祭 夜まつり】を開催しております。

私達の今の生活があるのは、戦争で亡くなられた方がいるから。先人への感謝の想いを
後世に伝えていきたい。ちょっと立ち止まって考えてみるきっかけになればと思います。

去年の様子をダイジェストにてまとめました。
https://www.youtube.com/watch?v=WamcxSni0jA

【5月度 祭事案内】

GWは皆様どのように過ごされましたか?
明日からお仕事の方も多いかと思います。

当社から5月度の祭事を案内いたします。

 

----------------------------------------

令和元年5月、戌の日のご案内です。

5月1日(水)大安
5月13日(月)大安
5月25日(土)大安
※25日の土曜日は、混雑が予想されます。
お早目のご予約をいただければスムーズにご案内できるかと思います。

 

「花は桜木、人は武士」神社の桜が身頃となって

 

潔く散るということで、桜は武士の精神を象徴するととらえられていました。
当社にお祀りしている多くの戦争で無くなられた柱もこの時期になると拝殿からお顔を覗かしているのではないでしょうか。

いよいよ桜の季節です。
先人も愛でた当社の桜を是非とも見にいらしてください。